「スーパーアミノ酸」シトルリンと「セックスミネラル」亜鉛の実力

「スーパーアミノ酸」シトルリンと「セックスミネラル」亜鉛の実力

ペニスの増大に良いとされている成分はいろいろありますが、その中でも今回はシトルリンと亜鉛について解説したいと思います。シトルリンはアミノ酸の一種、亜鉛はミネラルの一種ですが、それぞれ男性にとって大変重要な栄養素であり、サイズアップや精力アップにも必要な栄養素と言えます。

「スーパーアミノ酸」シトルリンの効能とは?

まずはシトルリンですが、こちらは「スーパーアミノ酸」と称される健康をサポートする基本要素です。スタミナや筋肉量、さらには集中力や記憶力を高め、疲労を軽減してくれる万能成分ともいえます。

 

日本やアメリカでは血流改善や動脈硬化の予防、さらにはアンチエイジングを目的としたサプリメントに多く使われていますね。ヨーロッパでは、疲労回復のための医薬品として用いられているようです。増大サプリには欠かせない成分なので、増大系サプリには必ずと言っていいほど配合されています。

 

いずれにしても、体を元気にする要素ですが、特に注目したいのが血管を拡張し血流を促進する点でしょう。血流がよくなれば当然ペニスに集まる血の量も増えます。となれば当然、勃起力がアップしますし、結果としてサイズアップにつながるのです。

 

ですから、ペニス増大サプリの多くはシトルリンを配合していますし、シトルリンに特化した増大サプリもあります。豆知識をひとつ紹介しておきましょう。シトルリンはカラハリ砂漠の野生のスイカから発見されたアミノ酸です。

 

つまり、極度の乾燥と強烈な太陽光という過酷な環境の下で、植物が旺盛に生育するために必要な栄養素なのです。そのパワーが男のサイズと勃起力をアップしてくれるというわけですね。

「セックスミネラル」亜鉛の効能とは?

さて、次に「セックスミネラル」と呼ばれている亜鉛ですが、なんともストレートな表現ですが、それだけ性的な役割が大きい成分という証でしょう。

 

男性ホルモンであるテストステロンの量を増やす目的で摂取することが多く、細胞分裂にも不可欠な成分です。新陳代謝と前立腺の働きを活性化することによって、ペニスの発達を促進してくれます。さらに、精子の量や運動性もアップさせるという、男性にとってなんとも頼もしい存在なのです。

 

亜鉛を多く含む食品としては、牡蠣、鰻、レバーなどがあげられますが、日常的に必要量をきちんととるには、やはりサプリを用いるほうが確実でしょう。

まとめ

以上、シトルリンと亜鉛の効能について、簡単に紹介しました。増大サプリにはこの二つの成分は必ずと言っていいほど配合されているので、どういった効能なのかを知ることは非常に重要です。

 

増大系サプリは、増大成分ができるだけ多く配合されているサプリメントを選ぶことがポイントです。当サイトでご紹介しているサプリメントは100種類以上の増大成分が配合されているので、ペニス増大サプリをお探しの場合はこちらをお試しください。

 

バリテインに効果はあるのか?評判と口コミ情報もご紹介!

関連ページ

ペニス増大のカギを握るシトルリン、アルギニンとの関係とは?
ペニス増大や精力アップのためのサプリメントの主要成分「シトルリン」をご存知でしょうか。「名前だけは聞いたことがある」「まったく知らない」という方のために、その働きについてお話しましょう。 まず、基礎情報ですが、これは遊離アミノ酸の一種。ふだんはバラバラの状態で体内に存在し、血液の中や細胞内を巡っています。そして「いざ」というときにすぐ働けるようにスタンバイしているのです。
ペニス増大で期待のシトルリン、実はそれだけでは足りなかった・・・
世の多くの男性が熱望して止まない、ご自身の「ペニス増大」に素晴らしい効果があるのではないかと言われて現在、熱い期待と注目を寄せられている成分に、”シトルリン”があることはご承知の通りです。 実はこの成分、遠い海の彼方から日本に送られて来た謎の物質の類ではありません。日本で、しかも85年も前に、スイカの成分から発見され、その効能は世界でも認められて来た、医学的にも由緒ある成分なのです。
ペニスの大きさは自律神経が影響?シトルリンとトリプトファンで対処
ペニスの大きさには、勃起力の強さが影響することは誰しも想像できるところです。しかしあまりに知られていませんが、「自律神経」が勃起力に大きな影響を与えているのです。 人体の生体活動のすべては、脳からの命令を自律神経によって各器官、臓器に伝えられます。そして自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなり、緊張と弛緩をそれぞれ受け持っています。
シトルリンとアルギニンの同時摂取で効果増倍
シトルリンとアルギニンとはアミノ酸の一種です。アミノ酸という成分は一緒なのですが、構造が少し違うので体内に摂取した際にでる効果も違ってきます。