ペニスが小さい悩みはシトルリンで解消!?

ペニスが小さい悩みはシトルリンで解消!?

人よりちょっとペニスのサイズが小さい事がコンプレックスになってる方やごくごく平均的なサイズなので特に不満のない方。もし今よりサイズアップさせられるとしたらどうしますか?ペニスのサイズを大きくするにはたくさん使う事がいいなんてよく聞きますよね。

 

そう言われてもそう簡単に毎日毎日使えるものではないのが現実です。ではどうしたらよいのかちょっと耳よりな情報を教えますね。

シトルリンが血液の流れを良くしてくれる

シトルリンという言葉を聞いた事がありますか?ペニスのサイズに悩んでいる人なら聞いたことがあると思います。シトルリンというのはきゅうりやスイカなどの野菜に多く含まれているアミノ酸の一種です。このシトルリンですが体内に入ると一酸化炭素を作り出すという性質を持っています。それがペニスを大きくするのと何の関係があるのかと思いますよね。

 

一酸化炭素が血中に増えると体は一酸化炭素を排出しようとします。どのように排出されるかというと血管を広げ血流量を多くして少しでも早く血中のバランスをとろうとするのです。この時の血流量が多くなるというのがポイントです。

 

勃起のメカニズムはみなさん何となく分かっていると思います。簡単に説明するとペニスを構成している海綿体といわれる空洞がたくさんあるスポンジ状のものに血液が流れ込む事によって勃起します。

 

血流が悪ければもちろん勃起がしずらかったりいまいち勃起力に欠けたりしますよね。ペニスのサイズアップをはかるのであればどれだけペニスに血液を送り込めるかも大事ですが、送り込まれた血液をどれだけ蓄えておけるかも大事なのです。

 

それにはまず海綿体へ送る血流量を増やし少しずつ血液を溜めておける海綿体の空洞を広げる事が必要です。それにより徐々にペニスが増大していきます。たくさん使う事がいいと言うのも一理あるんですね。

シトルリンだけではなくたくさんの増大成分が必要!

ペニス増大にはシトルリンだけとればいいというわけではないんです。今ではペニス増大のサプリメントがたくさん出ていますが、やはり人気なのは増大系成分がたくさん入っているサプリメントです。

 

人気どころでは100種類以上の成分が入っています。当サイトで紹介しているサイトも100種類以上の成分が配合されているので、購入者さんからも喜びの声が上がっています。

 

男としての自信を取り戻す人やさらに自信をつけていきたいという人にピッタリなので、あなたもサプリメントの力を借りてペニス増大しちゃって下さい。

 

L-シトルリンがペニス増大のキモ!?ペニスを大きくするならこのサプリしかない!

関連ページ

ペニス増大に必要なシトルリンの効能とは?
すでにペニスの悩みを抱えている人ならご存知だとは思いますが、シトルリンの注目する効能としては「血行促進成分」ということです。つまり、毎日適量を飲み続けていれば血流が良くなるということですね。 陰茎周辺にガンガン血液を送ることでペニスの勃起力が高まるので、結果的に「ペニスが大きくなる」という仕組みですね。ただこれは平常時のペニスそのものは大きくなりません。あくまで勃起力ということを頭に入れておきましょう。
ペニス増大系成分のシトルリンが、身体の中でアルギニンに変換する!
今ではどのペニス増大系のサプリメントにも配合されているシトルリンですが、ちょっとシトルリンを摂取すればいきなりペニスが元気になって大きくなるという劇的な魔法のような成分ではありません。シトルリンを摂取すると体の中でアルギニンに変換されます。このアルギニンは成長ホルモンを活性化させると言われているので、新陳代謝を良くすることができるでしょう。
シトルリンを摂取するなら相乗効果を狙った方が良い?
シトルリンは血液の流れを良くすると言われているので、体を鍛えたい方にも向いている成分と言えるでしょう。シトルリンによって血管を丈夫にする事が可能です。筋肉繊維にも良い影響を与えますので、筋肉をつけるのに最適です。さらに成長ホルモンを分泌するのも良い効果でしょう。ペニス増大を考えるなら成長ホルモンは重要です。シトルリンはこの成長ホルモンの分泌を促進させますので、ペニス増大にも良い影響を与えます。さらに体の中に入ればアルギニンに変換するのが特徴です。その時に一酸化窒素を生み出します。なぜ血流を改善出来るのかは、この一酸化窒素の作用による物と考えれば良いでしょう。
ペニス増大で話題の成分『シトルリン』のメカニズム
近年男性のペニス増大で注目されている『シトルリン』ですが、もとは動脈効果を始めとする血管の蘇生、修復の目的で用いられていた医薬品でした。 1985年にカリフォルニア大学教授、イグナリ博士が心臓血管に関する論文を発表したことで話題となった「一酸化窒素」の体内でのはたらきとシトルリンが大きく関与することがあきらかになったのです。(イグナリ教授はこの功績が認められて後にノーベツ医学・生理学賞を受賞しています。)