ペニス増大で話題の成分『シトルリン』のメカニズム

ペニス増大で話題の成分『シトルリン』のメカニズム

近年男性のペニス増大で注目されている『シトルリン』ですが、もとは動脈効果を始めとする血管の蘇生、修復の目的で用いられていた医薬品でした。

 

1985年にカリフォルニア大学教授、イグナリ博士が心臓血管に関する論文を発表したことで話題となった「一酸化窒素」の体内でのはたらきとシトルリンが大きく関与することがあきらかになったのです。(イグナリ教授はこの功績が認められて後にノーベツ医学・生理学賞を受賞しています。)

 

一酸化窒素(NO)は、活性酸素を除去して血管の老化を防ぎ、柔軟性を取り戻すことで血流を上げ、血管壁の汚れをも除去するはたらきがあります。もともと体内で合成されるものですが30歳を過ぎた頃から産生能力が低下し、歳をとると、様々な血管にまつわる病気にかかりやすくなるのです。

 

そして、きゅうりやスイカに含まれるシトルリンが体内に入り、アルギニンに変換して一酸化窒素を発生されるようになることが解明されたことで、シトルリンの名が世に知られることになったのです。

海綿体に流れこむ血液の量が重要

ペニスの十分な勃起力と大きさの維持には、海綿体に流れこむ血液の量が関係することは知られていますが、実はそれほど単純なものではなく、「血管年齢」が非常に大切であることが分かっています。

 

硬く硬直した血管では少しの量の血液しか通さず、それが慢性化するとポンプ作用が弱まり血管壁に汚れが付着し、さらに血液の通りを悪くしてしまう・・という悪循環が起きるのです。

 

その血管年齢に深く関係しているのが前述の一酸化窒素です。いわゆる「精力剤」ではないシトルリンにペニス増大作用効果が発見されたのは、偶然の産物だったわけです。

 

このようにシトルリンはまず血管の若さを取り戻し、毛細血管を健康にしたことで血流の滞りが改善されます。それによって多くの栄養素や、ペニスの大きさにダイレクトに影響する成長ホルモンや男性ホルモン、酵素を大量にペニスに運びこむことによって萎縮したペニスの成長を促すのです。

 

これまでの精力剤は一時的な効果があっても、効能が切れてしまうと元に戻ってしまいますが、シトルリンやアルギニン、その他のアミノ酸やミネラルを補助成分とするサプリはペニス自体の「成長」「増大」を目的とするためには、持続して服用する必要があります。しかし一度効果が現れ出すと持続するところに期待感が集まっているのです。

 

L-シトルリンがペニス増大のキモ!?ペニスを大きくするならこのサプリしかない!

関連ページ

ペニス増大に必要なシトルリンの効能とは?
すでにペニスの悩みを抱えている人ならご存知だとは思いますが、シトルリンの注目する効能としては「血行促進成分」ということです。つまり、毎日適量を飲み続けていれば血流が良くなるということですね。 陰茎周辺にガンガン血液を送ることでペニスの勃起力が高まるので、結果的に「ペニスが大きくなる」という仕組みですね。ただこれは平常時のペニスそのものは大きくなりません。あくまで勃起力ということを頭に入れておきましょう。
ペニス増大系成分のシトルリンが、身体の中でアルギニンに変換する!
今ではどのペニス増大系のサプリメントにも配合されているシトルリンですが、ちょっとシトルリンを摂取すればいきなりペニスが元気になって大きくなるという劇的な魔法のような成分ではありません。シトルリンを摂取すると体の中でアルギニンに変換されます。このアルギニンは成長ホルモンを活性化させると言われているので、新陳代謝を良くすることができるでしょう。
ペニスが小さい悩みはシトルリンで解消!?
人よりちょっとペニスのサイズが小さい事がコンプレックスになってる方やごくごく平均的なサイズなので特に不満のない方。もし今よりサイズアップさせられるとしたらどうしますか?ペニスのサイズを大きくするにはたくさん使う事がいいなんてよく聞きますよね。 そう言われてもそう簡単に毎日毎日使えるものではないのが現実です。ではどうしたらよいのかちょっと耳よりな情報を教えますね。
シトルリンを摂取するなら相乗効果を狙った方が良い?
シトルリンは血液の流れを良くすると言われているので、体を鍛えたい方にも向いている成分と言えるでしょう。シトルリンによって血管を丈夫にする事が可能です。筋肉繊維にも良い影響を与えますので、筋肉をつけるのに最適です。さらに成長ホルモンを分泌するのも良い効果でしょう。ペニス増大を考えるなら成長ホルモンは重要です。シトルリンはこの成長ホルモンの分泌を促進させますので、ペニス増大にも良い影響を与えます。さらに体の中に入ればアルギニンに変換するのが特徴です。その時に一酸化窒素を生み出します。なぜ血流を改善出来るのかは、この一酸化窒素の作用による物と考えれば良いでしょう。