ペニス増大に必要なシトルリンの効能とは?

ペニス増大に必要なシトルリンの効能とは?

すでにペニスの悩みを抱えている人ならご存知だとは思いますが、シトルリンの注目する効能としては「血行促進成分」ということです。つまり、毎日適量を飲み続けていれば血流が良くなるということですね。

 

ペニスを大きくするのに役立つにシトルリンが多く含まれる食材とは?

 

陰茎周辺にガンガン血液を送ることでペニスの勃起力が高まるので、結果的に「ペニスが大きくなる」という仕組みですね。ただこれは平常時のペニスそのものは大きくなりません。あくまで勃起力ということを頭に入れておきましょう。

 

シトルリンの血流向上と男性ホルモンの増強でペニス増大計画

シトルリンと一酸化炭素

シトルリンには一酸化炭素を作ってくれる作用があります。この一酸化炭素はペニスを勃起させるのに大きく関わっています。

 

この一酸化炭素が体の中で作られることによって血管が拡張します。その結果、ペニスの血行が良くなり勃起するようになります。一酸化炭素は血行を良くし勃起させるだけでなく、ペニスが勃起する状態が維持されるとも言われています。勃起持続力ですね。

 

これは血行が良くなったペニスが血液を受け硬くなったことで維持されます。また、静脈が圧迫されたことでも血流がペニスにとどまることで勃起状態が維持できるようになるわけです。

シトルリンを摂りすぎるとどうなる?

上記で説明したように、シトルリンには体の中で一酸化炭素を作りペニスを勃起させるわけですが、摂りすぎると健康に害を及ぼすこともあります。シトルリンを摂りすぎるとシトルリン血症を引き起こしてしまうと言われています。

 

ですが、必ずなるというものではないので摂り過ぎればシトルリン血症を引き起こしてしまうという可能性もあることを頭に入れて置くと良いです。その他に過剰に摂取することで体内に蓄積してしまうこともあります。

 

体内に蓄積することで膀胱や腎臓などを傷つけてしまうこともあるので効果を得る前にこのような病気になってしまわないように用心することが大切です。サプリメントなどもメーカーによっては入っている量が違うので注意する必要があります。

 

シトルリンはペニス勃起に効果があると言われていますが、サプリメントなどで摂取する場合は注意しながら摂取することをおすすめします。シトルリンは容量を守ればペニスを勃起してくれる効果があるので、過剰に摂らないことが大切です。

 

当サイトでご紹介しているサプリメントは、用法容量を守っていれば摂りすぎるということはありませんので、安心して活用してください。

 

L-シトルリンがペニス増大のキモ!?ペニスを大きくするならこのサプリしかない!

関連ページ

ペニス増大系成分のシトルリンが、身体の中でアルギニンに変換する!
今ではどのペニス増大系のサプリメントにも配合されているシトルリンですが、ちょっとシトルリンを摂取すればいきなりペニスが元気になって大きくなるという劇的な魔法のような成分ではありません。シトルリンを摂取すると体の中でアルギニンに変換されます。このアルギニンは成長ホルモンを活性化させると言われているので、新陳代謝を良くすることができるでしょう。
ペニスが小さい悩みはシトルリンで解消!?
人よりちょっとペニスのサイズが小さい事がコンプレックスになってる方やごくごく平均的なサイズなので特に不満のない方。もし今よりサイズアップさせられるとしたらどうしますか?ペニスのサイズを大きくするにはたくさん使う事がいいなんてよく聞きますよね。 そう言われてもそう簡単に毎日毎日使えるものではないのが現実です。ではどうしたらよいのかちょっと耳よりな情報を教えますね。
シトルリンを摂取するなら相乗効果を狙った方が良い?
シトルリンは血液の流れを良くすると言われているので、体を鍛えたい方にも向いている成分と言えるでしょう。シトルリンによって血管を丈夫にする事が可能です。筋肉繊維にも良い影響を与えますので、筋肉をつけるのに最適です。さらに成長ホルモンを分泌するのも良い効果でしょう。ペニス増大を考えるなら成長ホルモンは重要です。シトルリンはこの成長ホルモンの分泌を促進させますので、ペニス増大にも良い影響を与えます。さらに体の中に入ればアルギニンに変換するのが特徴です。その時に一酸化窒素を生み出します。なぜ血流を改善出来るのかは、この一酸化窒素の作用による物と考えれば良いでしょう。
ペニス増大で話題の成分『シトルリン』のメカニズム
近年男性のペニス増大で注目されている『シトルリン』ですが、もとは動脈効果を始めとする血管の蘇生、修復の目的で用いられていた医薬品でした。 1985年にカリフォルニア大学教授、イグナリ博士が心臓血管に関する論文を発表したことで話題となった「一酸化窒素」の体内でのはたらきとシトルリンが大きく関与することがあきらかになったのです。(イグナリ教授はこの功績が認められて後にノーベツ医学・生理学賞を受賞しています。)